保険医休業保障共済保険リーフレット等

地域医療を支えるドクターにこそ選んでほしい休業保障制度

地域医療を支えるドクターの突然の休業は、患者さん、スタッフ、ご家族などにも影響が及びます。

患者さんの治療継続のための代診医の手配、スタッフの雇用継続など、休業中も経費は掛かります。開業医自ら作り、運営を続けて約50年、その間総額1197億円の給付を行ってきました。

「勧められるままに加入したが、入っていてよかった!」との声も多数寄せられています。リスク戦略の要として協会の休保制度をご検討ください。

開業医が休業に備えるなら…
勤務医に必要なのは、将来の休業対策

「休業対策は開業してからの話…」そんな勤務医の先生方にとっても、協会の休保制度は魅力ある制度です。

掛金は、加入時の年齢が若いほど安く、そのままの金額で加齢によって引き上がりません。有給扱いや職場からの手当等があっても関係なく給付されます。また他県へ転勤しても加入継続できます。

将来への備えに、制度の特長をご覧ください。

開業医が休業に備えるなら…
非営利、保険医の助け合いで、半世紀の運営実績

保険医協会、保険医会のみなさまに配布中のチラシです。本会の前身である保団連は、今年結成50周年を迎えました。

休業保障制度も同時期に立ち上げ、継続して運営してきました。詳しい制度の内容はご所属(最寄り)の保険医協会・医会にお問合せください。

開業医が休業に備えるなら…
開業医が休業に備えるなら…

保険医協会・保険医会の会員のための休業保障である「休保制度」が、開業医に選ばれている”理由”とは?

開業医が病気やけがで仕事を休むことを想定すると、患者さんの治療、スタッフの雇用継続、家族の生活のこと、色々な責任を背負っていることが実感されるのではないでしょうか。そんなときの備えとして、医業に合った制度である「休保制度」の特色をまとめています。

リーフレットを開いてご覧ください。

開業医が休業に備えるなら…
勤務医が休業に備えるなら…

多忙で、自身の健康は後回しになりがちな病院勤務医。転勤等勤務先が変わることも多く、「将来への備えは、もう少し落ち着いてから」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
負担感少なく、将来も含め長期に備えることができるのが、「休保制度」です。
勤務医にもお勧めなポイントをご紹介しています。

ぜひリーフレットをご覧ください。

勤務医が休業に備えるなら…
医師・歯科医師にオススメしたい休保制度

過去に保険医協会、保険医会のみなさまに配布したチラシです。
詳しい制度の内容などは、ご所属の(最寄りの)保険医協会・保険医会までお問い合わせください。

医師・歯科医師にオススメしたい休保制度

医師・歯科医師の「休業リスク」を考える。

開業以来、日々の診療や院長業務、研究などに没頭して、患者さんの健康には気を付けていても、自分の健康は二の次…という先生は多いのではないでしょうか。
しかし、意外と多い医師・歯科医師の休業リスクを、その備えとともに考えてみませんか。