もしもの時にたよりになる! 9つのポイント

  1. 1給付期間が最長730日の充実保障

    傷病休業給付金の給付期間は通算500日。それを超えて連続して休業した場合は長期療養給付金が最長230日の範囲で給付されます。

  2. 2給付内容が豊富

    傷病による休業に対する給付のほか、死亡・高度障害時や脱退時の給付金等全部で6種類の給付金があります。

  3. 3入院はもちろん、自宅療養、代診をおいても給付

    一定の条件の下で、第三者の医師の治療を受けていれば、自宅療養でも給付対象となります。また代診をおいても給付されます。

  4. 4同一傷病でも、何度でも給付

    給付日数の範囲内であれば、同一傷病であっても給付が何度でも受けられます。再発による休業でも安心して療養できます。

  5. 575歳までの長期保障

    診療に従事している限り、75歳の満期まで全ての給付金について受給する権利があります。
    ※加入要件を満たさなくなった時、傷病・長期の給付が満了となった時は、その時点で脱退となります。
    ※60歳および70歳に達したときに、所定の口数を超える口が減口となります。

  6. 6拠出金は加入時のまま上がらず、掛け捨てではありません

      原則として加入時の1口あたりの拠出金は満期まで変わりません。また、掛け捨てではなく、3年以上加入すれば脱退時に脱退給付金が給付されます。

  7. 7所得補償保険等の加入に関係無く給付

    休業保障は、他の制度(所得補償保険等)の加入・受給に関わりなく給付されます。

  8. 8傷病給付金等は非課税

    傷病休業給付金、入院給付金、長期療養給付金、高度障害給付金はご自身が受け取られる場合は所得税が非課税となります。

  9. 9転出・転勤でも加入継続

    全国制度ですので他県で開業されたり、転勤した場合でも、当該県の保険医協会・保険医会に入会すれば加入継続できます。(京都医科除く)